ジェジェ & グリ 大中.JPG

2012年01月28日

ペットロスは克服しなくてもいいと思う


ペットロスのお話

私達人間より、
ペットたちは数倍のスピードで年を重ねます。

そうなんです。
小さな子供、可愛い娘や息子と思っていた我が子は、
気が付くと、自分の年齢を越し、
高齢となっているのです。

分かっていても、なかなか受け止められない、
ペットの旅立ち。

私自身のペットロスも、皆さん同様に
大きな喪失感と、後悔で一杯でした。
それを経験させてくれたのは、
2005年に旅立ったビム↓です。
とても貴重な体験だと思っています。

ビム君ケロちゃん帽子.jpg

私自身のペットロスの状態は、
ビムが晩年お世話になった方々や
友人たちからお花を頂いても、
お礼どころか、涙で何も話せない。
だから電話も出来ない、外出も。

当時私の心を支配していたのは、
自分を責める心・・・自責の念と後悔です。
「何故最後に、あんな事をしたのか?」
「こんなに早い別れなら、24時間一緒にいればよかった」
「何か、見落とした事はなかったのか?」と・・・。

夜になると、ビムの遺骨を並べ
「何でこんなになっちゃったんだろう?」
「もう、フカフカの体に触れられない・・」
と眠れない夜を過ごす。

ある日
「いつまでも、人前で泣かない。」
「入浴時にだけこっそり泣いてもいい。」
と自分でルールを作りました。
でも、それを実行しだすと食事がとれなくなくなりました。

そして、当時は転世やスピリチュアルな事に無知だった為、
食事もせずに、ビムの生まれ変わりを信じて、
あらゆる場所に、黒い仔猫を探し歩きました。
ほとんど“さ迷っていた”と言えるでしょう。

でも、ペットに旅立たれ、悲しいのは当たり前の事。
泣く事を我慢しない方がいい。
これは私の経験です。
食いしん坊の私でさえ、食事が出来なくなりました。
いつか必ず、笑顔で話せる日は来ます。

アニマルコミュニケーションを知らなかった私は、
「私、このまま死んじゃうの?」
とも思いましたが・・・。

でも旅立ったペットは、
アニマルコミュニケーションでよくこう言います。
「何で泣いているんだろう?
ボク(アタシ)は今、
とっても良い気分なんだよ。
魂は繋がっているから、
一緒にいる時と同じだよ。」
と・・・。

我が家には、多くの天使たちが遊びに来てくれます。
もちろんビムも来てくれます。
以前、ビムのオーブをご紹介しましたが、
実は、ビデオでも撮影出来ているんです。

そして、昨日も来てくれました。
ベランダで洗濯物を干し終わり、私がサッシを閉めると
研二が、
「あれ〜、グリは?今付いて行ったよ。」と・・・。
でも、グリもジェジェも寝室のベットの上。
私の後を付いて歩いていたのはビムなんです。
「もうじき命日だからね〜〜」と会話は続きました。

そして、ジェジェもグリも天使たちとは仲良し。

何か言った?ママ!.JPG

「自分の心には素直にね〜」

byニャンズ



天使の言葉を信じて下さい。



2012年01月19日

おトイレの砂かけ問答


グリからジェジェへの
イエローカード


先日予告したお話。

おトイレの砂かけの代わりに、
カリカリごはんに砂かけをするジェジェ。
(嫌いなごはんへの砂かけ動作ではありません)

それご飯だよ!

そんなジェジェに、グリが頑張って
「ネェちゃん、
ごはんにそんな事しちゃダメだよ」

と・・・。

それに対しジェジェは
「細かいわね〜、
やればいいでしょ!!」

と、トイレに戻り、砂をかけたフリ。
この日のニャンズの距離は微妙・・。

微妙な・・・


グリ、君は正しい!
おトイレの砂かけは、猫の王道。
でも、
ジェジェに砂かけは不要何だよ〜。
その訳は、グリ、君が優しいから。

何で?

ジェジェは240gで我が家に来て、
ニャンコ一人の生活をスタート。
グリは、多頭の猫家族に産まれ、
そこで1か月半を過ごしました。
この違いが、砂かけ問答の答えです。
つまり、匂いを消す必要があったか、
なかったかの違いです。

モゥ〜〜


でも・・暫くするこんな光景に・・・。

仲直り

ジェジェは、
すぐ怒りを忘れるタイプ。
グリは、
何が何でもネェちゃん大好きさん。
この光景が復活するのも、
ニャンズの性格の違いからです。
イエローカードは即撤回?


皆さん、議論は大切です。
でも、仲直りはお早めにね!!





posted by misao at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のニャンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

お宅でもアニマルコミュニケーションを!



今日は、
“アニマルコミュニケーションの活用”
のススメです。

アニマルコミュニケーションを経験さなった後は、
是非、ご自宅でもアニマルコミュニケーションを・・。

貴方とペットとの
“一味違ったコミュニケーション”
を体験なさってみて下さい。


我が家は普段、
私たちがニャンズの意思を
アニマルコミュニケーション(テレパシー)で受け、
ニャンズには、言語で伝えています。
普段の我が家は、こうゆうスタイルです。
でも、誰かが覗いていたら、
ぜったい変な光景ですけどね〜。



例えば、
ジェジェはトイレの前で

「ママ、ウ○チ〜」
と伝えてきます。、
「なぁに?おトイレきれいでしょ?
ウ○チできるじゃん!」と声で伝えます。
するとジェジェは、

「きれいよ。
でもママ、ウ○チすぐ取ってくれないと
イヤなの。」

と、歩み寄らない私を見て、
ジェジェはウ○チを断念。

数分後、我慢出来ないジェジェは、
トイレの前で、

「ママ、ウ○チ〜早く来て〜。」
と訴えます。
「ビニール持っていけばいいんでしょ?」
と言う声を聞き、
ジェジェはトイレに入り、
やっとこウ○チが完了がします。

ニュースがあるの〜。.JPG

「アタシたちは、何でも分かるのよ!」

このようにペットたちは、
言語をしっかり理解しています。
「どうせ言っても無駄だから」

な〜んて事はありません。
悪口だって、しっかり聞いて伝わります。

ご家族の言葉に従ってくれない時は、
「聞こえないフリ
をしているだけなんです。

アニマルコミュニケーション後、
セカンドヴォイスには、「何でも聞いているんですね〜」
というご感想を沢山頂きます。
それは天使とのアニマルコミュニケーションでも同じ事です。


アニマルコミュニケーション後は、
「伝わっている!!」と
日々実感しやすくなります。

それは何故?
ペットだって、自分の気持ちが伝わったと
実感出来たからです。


それは、新たな絆の証です。



PS.
ウ○チもオ○ッコも全く砂をかけないジェジェに、
昨日グリからイエローカードが・・・。
これは次回まで、お待ちくださいね。

スヤスヤのグリ.JPG

ボクだって、
たまにネェちゃんに意見します。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。