ジェジェ & グリ 大中.JPG

2011年07月14日

被災した君たちへ


東日本大震災・原発事故から4ヶ月。
東京で暮らし、何のヘルプも出来ず
悶々と暮らした4ヶ月。

アニマルコミュニケーターとして、
日々、被災したペットや動物たちに
伝えているメッセージ。
自分の備忘録として残す事にしました。



被災した君たちへ


沈黙


旅立った君たちへ

あの日、
突然地面が大きく揺れ、建物が揺れ、
大きな黒い水が襲って来ましたね。
君たちは、本当にびっくりした事でしょう。
そして家族を見失い、あっという間に旅立った君たち。

或いは、家族に
「すぐ帰るから待っててね」と言われ、
お留守番をしていたら、一人ぼっちの日々が続き、
さ迷い、悲しい思いを引きずり旅立った君たち。

でも天使となった君たちは、
今、すべてが分かっている事でしょう。
地震や津波という自然の脅威、
原子力を日常に持ち込んだ人間の愚かさ、
すべて、分かっている事でしょう。

でも、ぜったいまた現世に来て下さい。
人間たちとの暮らしに懲りないで下さい。

君たちが今度来る時は、
人間の心も魂も、少しは成長していると思います。


家族を待っている君たちへ

家族は君たちを捨ててはいない。
君と会いたい、君と暮らしたいと、
今でも思っているんです。

でも、生きる事に精一杯なんです。
或いは、君たちを見つける事が出来ないんです。

新しいお家が出来た君は
そこで幸せになって下さい。
家族に甘えて、絆を深めていって下さい。

新しいお家が見つからない君、
人間たちを許して下さい。
これが人間の限界なんです。


そして、殺処分された、家畜の君たちへ

人間の役に立ち、
人間の我儘につきあい、
運命を翻弄された君たち。
ゴメンなさい。



海の夕日.JPG


この記事へのコメント
愛するものとの突然の別れは辛いものです。たとえ生命は永遠だとわかっていても。
私の父も3月末に突然脳梗塞で倒れ、発見が早かったものの、胃がん末期が発見され、胃カメラで手術のための再検査をしたとたん弱って5月27日に天国に旅立ちました。
父が飼っていたペルシャ系の雑種で私が大好きだったみーこちゃんは、2年前の9月28日に旅立ったので、月命日は1日違いです。
こんなに別れが早いなんて、、母が父と仲が悪く洗脳され、誤解し寂しい思いもさせたことが申し訳ないです。
今は天国で仲良く幸せに暮らしているのだろうね。私も早く迎えにきてほしいです。
Posted by みーこ at 2011年07月21日 22:32
みーこさんへ

こんばんは。
人間も動物も、役目を終えない限り「お迎え」は来ません。
みーこさんも、その役目の途中なんです。
その事を忘れないで下さいね。

そして、お父様に対する後悔のお気持ちは、
必ず通じています。
その上で、みーこさんを見守ってくれているはずです。
その事も忘れないで下さい。

お喋りニャンズへのコメント、お待ちしています。
Posted by misaoです。 at 2011年07月23日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。