ジェジェ & グリ 大中.JPG

2011年03月27日

アニマルコミュニケーションセカンドヴォイス                     お客様のご紹介


「モモの缶づめ」のご紹介。
セカンドヴォイスのお客様、
うさぎのモモちゃんのアニマルコミュニケーション
ブログにUPされました。
 


ウサギのモモちゃん.jpg


「ウサギはあんまり気に入っていない」
と言っていたモモちゃん。
でも、それにはすご〜い理由がありました。

そして、保護者様の事をきちんと理解し、
とっても大人なお話をしてくれました。
頼もしくて、カワイイ〜モモちゃんです。

そして何よりモモちゃんは、
すごい!!能力の持ち主。
ロックされたお家で、
ロックされ、毛布のかかったケージの中で、
モモちゃんが不思議な○○を退治。
一見グロテスクな姿の○○
それは何?

私達も、初めて見た姿でした。
でもそれは・・・・・。
「モモの缶づめ」はコチラ ↓ から
ご訪問下さい。
http://secondvoice.sakura.ne.jp/sub1.html


神聖なワンコのような、
ウサギのモモちゃんのアニマルコミュニケーションです。

ジェジェ&グリ ミニミニ.jpg


2011年01月29日

アニマルコミュニケーション「君は誰?」・・続編



アニマルコミュニケーション
「 君は誰? 」 の続編です。
初めての方はコチラ ↓ からご覧下さい。
http://secondvoice.seesaa.net/archives/20110119-1.html

温泉サンプル .jpg

露天風呂というローケーションでの
相手の分からないアニマルコミュニケーション

その誰かは、
名前をリンちゃんと教えてくれました。

でもリンちゃんって誰?何? 

一旦、露天風呂を出て休憩した後、
再び、リンちゃんに話かけてみました。

山 川.jpg


 「リンちゃんとの
アニマルコミュニケーション」

Q:リンちゃんいる?
「ケッケッケ!いるわよ。」

Q:君は、普段は何処にいるの?
「いつもはね、アタシ天使の国にいるのよ。」 

Q:という事は・・・君は魂だね?
「そう天使よ〜だから自由なの。」

Q:現世にいた頃、この辺りに住んでいたの?
「う〜ん・・それはね、よく分からないの。」

Q:リンちゃん、君は・・・誰?
「アタシはね、女の子のキツネだったの。
 もちろん野生で暮らしていた。
 人間とは暮らしていなかったわ。」

キツネ.jpg

リンちゃんの前世は、女の子のキツネ。
今は天使の国から遊びに来ているようです。
もしかしたら、この辺りが開発させる前に
ココで暮らしていたのかもしれません。
それがいつの時代かはわかりませんが・・・。

樹木.jpg

Q:リンちゃん、君は何をしにココに来るの?
「この場所には“笑いのエネルギー”が満ち溢れているの。
 森の中にも、貴方がいるお湯の中にも
 “笑いのエネルギー”があるのよ。
 アタシは笑う為にココに来るのよ。」

Q:へ〜そうなんだ。
  君の他にも天使達が来る事はあるの?
「来るわよ!
“熊の天使”“犬の天使”が来ているわよ・・・・。
もちろん笑う為にね。

Q:ねぇ、人間達の生活をどう思う?
「人間はのんびりできないでしょ?気の毒に思うなぁ。」

Q:君は人間が、余分なモノを捨てて、
シンプルに生きれば良い、って言っていたよね?
人間達は、他に何をすれば良いと思う?教えて。
「笑う事ね。
 例えばね、面白い事があって、
半分より少し多くの人間が笑えば、
 全部の人が、つられて笑うでしょ?
 これはね、エネルギーの法則よ。
 それが広がれば、全ての存在(魂)が笑う事が出来るのよ。
 笑う事は、それだけ重要なのよ・・・。
 考える事より、ずっと大切な事よ。」

Q:笑う事は何故重要?
「心のためよ。
 隣の人に、微笑みかけるだけで良いのよ。
 それが繋がれば、全部になるでしょ?
 怒っていたり、泣いていたりではつまらないじゃない?
 それだけの事・・・。
 心が休まれば、体も休まるのよ。
 簡単な事だから、簡単な理由なのよ。

Q:ところで、リンちゃんていう名前、素敵だね?
「そうでしょ?ケケッ!」

Q:その名前、誰が名前を付けたの?
「もちろんアタシよ!
だって、人間とは暮らした事はない、って言ったでしょ〜」


その後“ケッケッケッ”と消えて行ったリンちゃん
本当に素晴らしい体験でした。

実はこの場所の樹木も、
“笑いのエネルギー”を発しています。
 樹木から発せられた“笑いのエネルギー”は、
いくつかの塊となり、森のあちこちに存在します。
それは、精霊と呼ばれる存在です。
 だから、ここの温泉は
“笑いのエネルギー”
が一杯なんです。

o〜湯.jpg


みなさん、最近笑っていますか?
ペットのイタズラに、怒ってばかりではいませんか?
怒り過ぎたら、笑っちゃってみて下さい。
ペット達は、小首を傾げて貴方を見つめるでしょう。

リンちゃんが言っていたように、隣の誰か、
お友達でもペットでも、見知らぬ誰かにでも、
ちょっと微笑みかけたら、
気持ちがホンワカしてきますよ!

ココの温泉名を大きな声でお伝えできたら、
「すっきりするのに〜」と思う今夜です。


2011年01月19日

アニマルコミュニケーション                  君は誰?


昨日、お話した 
「アニマルコミュニケーション
in露天風呂」
 

の不思議な体験のお話です。

場所は・・・
様々な魅力に惹かれ、昨年から通いだした、とある温泉。

o〜湯.jpg

施設の許可を頂いていないでの、モザイク入りですが・・・。
ココです。

魅力の一つが、
この土地のエネルギーが良い事。
その為、精霊の気配を感じる事ができるからです。
精霊と言っても、羽が生えた天使ではありませんよ〜。
でも、とっても“ ためになるお話 ”です


 「予期せぬアニマルコミュニケーション」 
薄暗く誰もいない露天風呂で、ゆったりと横になり、
この気配の主を探っていました。

Q:誰かいる?いたら返事をして!
「ケケケッ!ケッ!」(笑い声) 
 
Q;誰かいるんだ〜。何がそんなに可笑しいの?
「だってさ、お風呂に入っている時は、みんな裸でしょ?
 裸だと、素直な気持ちでいるでしょ?
 それなのに人間は、急いで出ていっちゃって、
 いつもの心にもどっちゃうんだもん。
 何の為に、ココに来てるのかしらねぇ〜愚かよねぇ」
 

Q:そうだね。お風呂は裸だし、気持ち良いもんね。
 だからみんなリラックスしてるんだよ。
 でも、みんな忙しいからねぇ〜。

「人間ってさ、ここを出ると何かを一杯着込んで、
 いろんな物を身につけて、心にカギをかけて、
 大きな壁を作るんだよね〜」
 

うさぎ.jpg

こんな事を言っているのは誰?
と思いつつ、続けました。
イノシシ君.jpg

Q:壁ね〜〜。
でもさぁ、人間は裸で歩く訳にはいかないんだよ。
仕方ないでしょ?

「でも大昔の人間は、寒さや暑さだけを気にするくらいで、
簡単なモノしか必要なかったでしょ?
そんな時代の人間達は、自然界ともお話が出来たのよ。
魂達や風や水や木達とね。
でも、今はダメ。
余計な事ばかり考えているから、誰ともお話できないのよね〜
人間同士もね。」
 


Q:そうだよね。
すっごく昔の人は、君達とお話出来ていたんだよねぇ〜。
でも、裸にならないと、ダメなの?

「そんな事はないけどね〜。
今でも人間ってさ、神様や仏様に近づきたかったり、
お話したいと思う時“黒いモノや白いモノ”を着るでしょ?
その時、何を着るかなんて迷わないでしょ?
余計な事は考えないで、その“誰か”と話したい、
お願いしたい、って思う訳でしょ?
そういう時は、魂や自然の者とのお話がしやすいのよ。
でも人間は、いつもその時だけ・・・なのよね〜」
 


Q:そうか〜、君達とお話したい人間は、
その事だけに集中出来ればOKなんだね?
いろいろ着飾ったり、余計な事を考えていると、
それ自体が、君達との壁になるって事?

「そうよ〜。
着飾る事より、アタシたちとお話する事の方が、
ずっと重要なのよ!
アタシたちとお話出来るって事は、神様や自然の魂とも話せる事。
貴方はそれを知っているじゃない?
 

きつね.jpg

こんな目で、人間を見ているのは、誰?

くま.jpg

Q:もちろん、
貴方達と話す事、自然界の存在と話す事が重要、
って事は知っているよ。
 
「それなら教えてよ。
何で人間は、それをしないで、
簡単(シンプル)に生きれないの?」
 


Q:きっといつか、みんながその事に気付くと思うよ。
ところで、君はいつもここにいるの?

「いないわよ〜忙しいもの。
でも貴方が呼べば、いつでも来てあげるわよ。」 

Q:OK。それなら名前を教えて!
「リンよ。リンっていうの。
覚えてね!」 


りんちゃんの正体は、この時は分かりませんでした。
これには続きがあります。いつか
アニマルコミュニケーションセカンドヴォイス
のHPでご紹介出来れば、と思っています。

温泉サンプル .jpg


私達は、様々な存在に支えられています。
自然界や神々の存在。
先祖や天使となった動物達の存在。
そして隣にいる誰かもその1人です。
支えられていからには、協力しなければいけません。
そして敬意を払い、アドバイスに耳を傾けるべきです。

露天風呂という、意外な場所でしたが、
素晴らしい体験ができました。
不思議な事に、この間、
誰1人と、露天風呂に入ってくる方はいませんでした。


露天風呂での
アニマルコミュニケーション? 
リンちゃんからのメッセージ
受け取り方は皆さんの自由です。
でも、
“ 大切にしたい何か ”
だとは思いませんか?
 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。