ジェジェ & グリ 大中.JPG

2012年03月18日

東日本大震災:備忘録


自分自身の備忘録として・・・


東日本大震災から、1年がたち、
震災関連の記事を記載しなくなり、
久しくなりました。
しかし自分自身の“備忘録”として、
今日、書き残してみました。

あの日午後2時46分、
地震に遭遇したのは、中規模のマーケットの中。
大きな揺れの後、すぐにその場を離れ、
地下の駐車場から車を出す事が出来ました。

30〜40分ほどかけ自宅に着くと、
ジェジェは、
ベットの横の小さなサイドテーブルの下に、
グリは、
天井近くのニャンズ専用の棚の上に避難していました。
ニャンズの無事な姿を見て、
抱きしめた事はいうまでもありません。
ニャンズの瞳孔は、大きく広がってしました。

テレビをつけると、すでに津波警報が表示されていました。
夕方、ベランダから外を見ると、
遠く南西の方向(川崎の西部の方向)に、
いくつかの火の手が見えました。
これは民家の火災と分かりました。

更に暗くなった頃、遥か南東の方向に大きな炎。
それは、市原のコスモ石油の大火災でした。
この炎は、数日間消える事はありませんでした。

我が家の裏手の目黒通りは一晩中大渋滞、
私自身も、実家の横浜に向かう事を諦めました。

そしてあの日の夜は、
今思えば嘘ばっかりだった“原発の報道”に耳を傾け、
コスモ石油の大火災を見つめ、
余震のたびにニャンズを抱き、
不安な夜を過ごしました。

翌朝になり、大災害を確認する報道が流れ、
現実の出来事とは受け止めたくない気持ちで
一杯でした。

私自身の実害は、
ガソリンの購入と水の確保のみですみました。

ガソリンは、GSによって10ℓしか買えず、
幾度か、長時間並ぶ事となり、
水は、ニャンズの飲み水として、
放射性ヨウ素の半減期間、順次冷蔵庫に保存しました。

あの一瞬で、2万人近い命が奪われ、
多くの家屋が流され、被災地の方々の生活は、
すべて失われました。
原発事故でも、多くの方々が自宅を離れざる負えなくなり
仮の避難暮らしは続いています。

そして、多くの動物たちも
津波と置き去りで命を失われ、
家畜に至っては、人間の手で命を奪われました。
命を守る事が出来たペットたちも、
家族と離れ離れのままの1年が過ぎました。

私達は、この東日本大震災と原発事故から
何を学ぶ事が出来たでしょうか?
これから、何を学び、
何をしなければいけないのでしょう?

私自身は、多くの事に気づき確認出来た事があります。
私見が入ってしまう為、ココに記載する事は
避けようと思いますが、
みなさん、ご自身に問いかけてみて下さい。
心の変化に、気づく事もあるかもしれません・・・。

ニャンズのシェルターは、
今でも・・・そのままです。


神秘.jpg





2011年07月14日

被災した君たちへ


東日本大震災・原発事故から4ヶ月。
東京で暮らし、何のヘルプも出来ず
悶々と暮らした4ヶ月。

アニマルコミュニケーターとして、
日々、被災したペットや動物たちに
伝えているメッセージ。
自分の備忘録として残す事にしました。



被災した君たちへ


沈黙


旅立った君たちへ

あの日、
突然地面が大きく揺れ、建物が揺れ、
大きな黒い水が襲って来ましたね。
君たちは、本当にびっくりした事でしょう。
そして家族を見失い、あっという間に旅立った君たち。

或いは、家族に
「すぐ帰るから待っててね」と言われ、
お留守番をしていたら、一人ぼっちの日々が続き、
さ迷い、悲しい思いを引きずり旅立った君たち。

でも天使となった君たちは、
今、すべてが分かっている事でしょう。
地震や津波という自然の脅威、
原子力を日常に持ち込んだ人間の愚かさ、
すべて、分かっている事でしょう。

でも、ぜったいまた現世に来て下さい。
人間たちとの暮らしに懲りないで下さい。

君たちが今度来る時は、
人間の心も魂も、少しは成長していると思います。


家族を待っている君たちへ

家族は君たちを捨ててはいない。
君と会いたい、君と暮らしたいと、
今でも思っているんです。

でも、生きる事に精一杯なんです。
或いは、君たちを見つける事が出来ないんです。

新しいお家が出来た君は
そこで幸せになって下さい。
家族に甘えて、絆を深めていって下さい。

新しいお家が見つからない君、
人間たちを許して下さい。
これが人間の限界なんです。


そして、殺処分された、家畜の君たちへ

人間の役に立ち、
人間の我儘につきあい、
運命を翻弄された君たち。
ゴメンなさい。



海の夕日.JPG


2011年05月18日

あの日から、2ヶ月間を振り返って・・


不安が巡った2ヶ月。

2011年3月11日東日本大震災から
2ヶ月が経過しました。

大地震と巨大津波は自然災害、
そして、今でも続く福島原発事故は、
戦後最大の人災です。

これらについて、
以前から考えていた事、
今考えている事、山程あります。
でも、それを並べても切りがありません。
そして、これからの不安も一杯あります。

でも私達はアニマルコミュニケーターです。
動物達の命や生きる環境、
彼らの心を、1番に考えていきたいと思っています。
「人の命、生活はどうでもいいのか!」
とお叱りを受けるかもしれませんが、
それぞれの専門があり、
出来る事にも限りがあります。

ペット業界、動物関連会社のような大きな企業や、
私達のような小さな力が、
今、動物達の事を考えなくて、
誰が考えるというのでしょうか?
今は、自分が出来る事を探し、
それぞれが動く時だと思います。

この数日間、動物達について起こった変化。
原発20キロ圏内に一時帰宅が実行され、
取り残されたペット達も救出されました。
しかしそれは、犬の登録数をみただけでも、
ほんの一部に過ぎません。
猫やその他のペットに関しては、登録もなく・・・。

祈る犬.jpg

そして家畜達は、安楽死が決定。
餓死よりはマシです。
本当の安楽死であれば・・・。

夕空.jpg

セカンドヴォイスへも、先日掲載させて頂いた
「被災し、家族を捜しているすずちゃん」や、
避難エリアより、一時預かりの子達の
アニマルコミュニケーションのご依頼も増えてきました。
ヒーリングが必要な状態の子が多いのが現実です。
すずちゃんについては、是非お読み下さい。
 ご協力お願い致します。)
 ↓
http://secondvoice.seesaa.net/article/200999392.html

通常、アニマルコミュニケーションのご依頼は、
例外を除き「保護者よりのお申し込みが限定」
とさせて頂いていますが、
彼ら(ペット)の写真を拝見し、
彼ら(ペット)の気持ちを受け取ると、
アニマルコミュニケーションを行わずにはいられません。

被災ペット達が家族の元に戻り、
ご家族やペットに笑顔が戻る日は、いつになるのか・・・。
今や「1日も早い復興」をという言葉させ、
空々しく聞こえる気がします。

私達はあの日、大きなマーケットにいました。
買い物カートを満載にして、
階を移動しようとエレベーターに・・・
その直前、
「地震なので乗らないで下さい!」と声をかけられ、
数十秒後には、積んである商品が次々と棚から落下、
それらは床に散乱し、照明も大きく揺れ、
倒れる商品棚もある中、
「頭!頭!」と声をかけ、
大きな揺れがおさまるのを待ちました。

その後、指示に従い未払い商品一杯のカートを放棄し、
屋外へと避難しました。
地下から車を出し、カーナビのTVをつけ
何が起こったのか把握しながら、
「早く帰ろう」と家路を急ぎました。
30〜40分で帰宅できました。

部屋を覗くと、
ジェジェは、小さなテーブルの下に避難し、
グリは、天井近くの棚に避難していました。
幸い、ニャンズがいた部屋は
小さなモノが散乱した程度でした。

暫らく2人を抱き、話をして落ち着かせ、
急遽、ニャンズの地震用シェルターを作製。

「シェルター内のニャンズ」

ニャンズも飲んでます。.jpg

続く余震の時は、ここに入るよう伝えました。
ジェジェもグリも、余震の度にそのシェルターに入り、
私達は、自宅やお隣のガス栓の復旧や片付けをしながら、
見ていたTVからは、
信じられない映像が飛び込んできました。

そしてその後、原発のニュースが・・・。

更に夜になりベランダに出ると、
市原のコスモ石油が燃える大きな炎が見え、
「この先、何が起こるのだろう・・・」と
不安は大きくなっていきました。

地震、津波、原発事故
どれをとっても、最大の災害です。
私達はこれらを教訓にし、
2度と同じ事を繰り返してはならないのです。
今の日本では、何処に住んでいても
同じ事が起こる可能性は大きいのです。

意に反して、
家族がバラバラになるような事があってはならないのです。

本日は、
私の備忘録も兼ねさせて頂きました。

皆さんも
この戦後最大の大災害を
決して忘れないで下さい。



追記

アニマルファインダーもご活用下さい。
東日本大震災ではぐれたペットを探す、
目撃情報、保護してしる方からの情報です。
お急ぎの方は、下記からご利用下さい。
http://japan.animal-finder.appspot.com/

被災ペットの情報は、
マザーサイト“ セカンドヴォイス ”でも準備中です。
掲載の際は、ご協力お願い致します。

一人でも多くの保護者と、
ペットの再会を祈っています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。